Categoriesニュース その他 全てのブログ 情報

ラブドールがinsに入居してネット人気になった

Instagramというソーシャルメディアアプリがありますが、他のソーシャルメディアプラットフォームと同様、Instagramは写真を共有するという謙虚な始まりから長い道のりを歩んできました。 今では多くのラブドール画像愛好家が住んでいます。

多くの人がそこで人気モデルや俳優、食べ物や様々な有名人について議論していることに変わりはありませんが、新しいトレンドとしてラブドールが台頭しています。 冗談抜きで、インスタグラムのラブドールコミュニティはリアルで、ますます注目されているんです 奇妙に聞こえるかもしれませんが、ラブドールが大衆に人気を博し始めたのには、さまざまな要因があります。 ラブドールコンテンツクリエイターの世界に飛び込んで、その原点を見てみよう。

ブレイキングフリー

インスタグラムのラブドールコミュニティは比較的新しいグループですが、ネット上での歴史は2001年にさかのぼります。 当時、ラブドールを愛する人たちが作った「ドールフォーラム」というウェブサイトは、現在では7万人以上の会員が人形に関する写真や意見を共有しています。

アメリカのエロ玩具レビュアーのTさんが、ラブドールのように見えるように何度も整形手術を受けた女性のニュース記事を読んで、ラブドールのポートレートを初めてインスタグラムに投稿したのは5年前にさかのぼります。 そこで、「仲間」であるセレスティーナという人形の専用アカウントを作り、日常をシェアすることで、フォロワーを増やせないかと考えたのだそうです。

最新の数字では、セレスティーナのフォロワーは4,000人を超え、Tはインスタグラムのセックス人形好きコミュニティのパイオニアとみなされています。 彼だけでなく、年々、人形愛好家が人形愛好家の分野でインターネット上でセンセーションを巻き起こすことを決意しているが、一般に考えられているのとは逆に、彼らの理由はお金や名声ではない。

単なるポストではありません

ほとんどの人は、人がなぜ本物の人間ではなく人形と暮らしたいと思うのか理解できません。それこそが、彼らが世界に示したいことなのです。彼らの目標は、人造の仲間に個性と深みを与え、彼らが人形をどう見ているかを社会に示すことなのです。 動機はお金ではなく、一般の人が自分たちと同じようにラブドールを見るのが好きだからです。

もちろん、リアルダッチワイフの分野でインターネット上の人気者になるには、そう簡単なことではなく、多くの努力と時間、技術が必要です。 できるだけ本物の人間に近づけるために、人形の表情や人工肌が写真に写り込まないようにする必要があります。

そのため、ポーズや衣装、表情、撮影場所、ウィッグなどを変更する必要があり、撮影には何時間もかかるのが普通です。 しかも、人形は動かないので、すべて自分たちでやらなければなりません。 もちろん、撮影だけが人形をリアルに見せる手段ではありません。 多くのアカウントでは、クリエイティブな写真、実在の人物のSNS投稿、深くフェイクされた動画が混在しています。

ラブドールで金儲け

彼らの主な目的はお金ではありませんが、ライターのジェシカが記事で触れているように、多くのネットユーザーが彼らのコンテンツからお金を得ています。

また、中国のラブドールブランドのオーナーが、ラブドール写真家2人と接触し、彼らの作品をネットで宣伝するために使用したこともあるという。 ラブドールブランドの宣伝だけでなく、ネットユーザーは衣料品ブランドからもお金を得ることができます。 ジェシカは、1万人近いフォロワーを持つ小さなアパレルブランドのアンバサダーで、多くの展示会に貸し出され、海外のドール雑誌のコラム「CoverDoll」の「ジャーナリスト」をしているターシャを例に挙げました。

そのオーナーはインタビューで、”ターシャは自分の意見を言う独立した人間だ “と言っています。

コミュニティのメンバーの多くは、自分の視点でコンテンツを投稿するのではなく、ドールの視点を使って、より親密で感情的な体験を伝えているのです。 この業界では、人形が主役なのであって、人形が主役ではないのです。

地域社会

今のところ、素敵なリアルドール好きのコミュニティが目標に向かって努力している様子がうかがえますが、実は、ドールをセックスとは関係のないモノとして見るようになるには、まだしばらく時間がかかると思われます。 その影響力のあるブロガーの多くは、ユーザーから変態とみなされ、アカウントの削除を要求されるなど、ネット上で罵詈雑言を浴びせられています。

このため、社会の見方が変わるまで、このグループは世界から孤立している。 一方で、実際にドールを扱っていることを忘れてしまいそうなファンもたくさんいます。もうひとつのポジティブな側面として、裏では、このHYDOLL.JPラブドール好きのコミュニティは、思いつく限り最も協力的でフレンドリーな集団であり、お互いの作品を補完し合い、アドバイスを与え合い、友人を作る影響力のある人たちなのです。 このようなニッチな集団では、内輪もめが一番避けたいところです。

未来は今

セクシーな巨乳ラブドールはまだ気持ち悪いと思われているが、この熱心な愛好家たちは、その認識を変えようと頑張っている。 彼らは創造力と技術を駆使して、より人道的な方法でラブドールを紹介することに全力を尽くしています。 目標達成までの道のりはまだ長いですが、このセックス人形たちのインスタグラムでの存在は、最終的な成功に向けた大きな一歩となりました。

数年前までは、ラブドールが独自のソーシャルメディアアカウントを持つなんて、誰も信じていなかったでしょう。 今日、彼らは忠実なファンを持ち、特定のブランドのアンバサダーになっていますが、そこが素晴らしいところです

世界は常に進化しており、私たちの社会もそれに合わせて進化しています。 もちろん、愛すべきラブドール好きに対して、常に偏見を持つ人がいることは十分にあり得ることです。 しかし、彼らはこれからもその前向きな姿勢を世界中に広めていくことでしょう。