Categoriesその他 エロゲーム ガイド 性の豆知識 風俗

エロティック・コーチによる性的スキルの伝授

優しい セックス

体験型ワークショップの「五感エクササイズ」は、「読書、蝋の滴下、愛撫、縄縛り、おもちゃ、マッサージ」を通じて、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を目覚めさせるように設計されています、とナンシー・ロー氏は言います。
例えば、2人1組で片方が目隠しをし、身体の他の感覚に注目するグループワークを行います。 もう一人は、羽根つき棒で腕を優しくブラッシングしたり、首の後ろに温かい蝋油を垂らしたり、縄紐で手を強く、あるいは緩く縛ったりします。
歯ブラシやティッシュ、綿棒など、いつもと違う感触が欲望を刺激してくれるんです。
このとき、身体のあらゆる微細な感覚が増幅され、何が好きで何が嫌いなのか、身体が正直に教えてくれるようになるのです。 鞭を打つときのスリルも、縛られたときのドキドキも、パートナーが指先で足の甲を優しく触ったときの電撃的な感覚も。 ぜひ、自分の気持ちをぶつけてみてください。
現代人は合理的な思考に重きを置き、忙しさにかまけて脳のエネルギーは低下しているのに、身体は鈍感になっていることが多いのです。 そして、セックスは人間を原始的な身体感覚に戻すための手段です。

セクシー ランジェリー アマゾン

あるお兄さんは、授業の前に「僕は素直な人間だから、こっちの現実を見たかったんだ」と話していたのを覚えています。 レッスンの後、彼は逆転した。”本当に大丈夫、体の集中こそが本当の性的快感だとわかった “と。 荒削りな印象のある人物から、こんな哲学的な言葉が出るとは誰も思っていなかったというのが可愛い。
何事も効率化が求められる時代、セックスに関しても、誰もが焦りを感じているようです。 集中力が続かなくなり、パートナーに長く丁寧な愛撫ができる人が少なくなってきたのです。 機械みたいに目を合わせない人もいれば、携帯ばかり見ている人もいる。 五感が使えないなら、ラブドールや性具を買えばいいのにとよく思う。そのほうが感覚は早く、激しく来るかもしれない。 他者とのわずかな触れ合い、ゆっくりとした余韻を感じられるようになって初めて、集中することの喜びを味わうことができるのです。
ですから、「セックスのワークショップ」ではなく、「身体のワークショップ」と言ってもいいかもしれません。私たちの会社は「MyBodyKnows」という名前ですが、身体は最高の教師ですからね。