ラブドール 臭い よりお好きな物を探す

(人気: 53 ) 【WM DOLL】爆乳が似合うセクシーお姉さん系ラブドール。ヘッド#85

めしたいです。その他のカワイイ系を突き詰めた
あとはどちらかと言えばハーフ系の顔をしたラブドールなので洋モノのラブドールにも興味があるといった方には魅力的だと思いました。
WM DOLLのラブドールはそれぞれ特徴がある シリコンドール ノが多く、自分のタイプのドールを見つけやすいのも良いところですね。
はWM DOLLのラブドールの中でもセクシーさやエロスをより前面に押し出したラブドールだと感じました。
ラブドールの購入を検討している方の目的としていろいろなものがありますが、セックスドールとして迎え入れたい!というのも何もおかしなことではありません。
ですので
ドールとのセックスを楽しみたいという目的で迎え入れたのにエロスを感じない、またはその気にならないラブドールを選んでしまっては迎え入れてよかった!とはならないはずです。
は可愛いらしい女の子よりも大人っぽいセクシーで綺麗な女性がタイプだという男性にピッタリのラブドールだと感じました。
ラブドールと暮らしている方の意見というのはとても参考になります。しかし周りから実際に意見を聞くという機会はなかなかないですよね。
当サイトではリアルドールライフと言うオーナーさんから直接お話を伺う企画を配信していることから、WM DOLLのラブドールである
を実際に迎え入れた方たちの意見もあり、とても参考になりそうでしたので紹介します。



WM DOLLのラブドールはさまざまなオプションが無料で選択出来たりとお得な要素が盛りだくさんです。
本来であれば指関節の稼働や視線の稼働は数万円~と追加で費用が掛かってしまうものですがWM DOLLのラブドールは基本的な機能はすべて標準仕様です。
その他にも代理店によってはネイルやウィッグなどもサービスとして付いてくるなどかなり良心的な設定となっています。この項ではその他の有償オプションも含め解説します。
写真ではスレンダーボディのヘッド#85モデルですがオプションによってサイズを指定することが出来ます。
ヘッド#85モデルにおいては145㎝~170㎝の間で指定可能でバストサイズもA~Mの間で指定可能です。サイズが大きくなるほど金額が上がっていく仕様です。Mカップサイズなんて超爆乳はラブドールでしか体感する機会がなさそうですよね。
骨格については有償でEVO骨格に変更することが可能です。
EVO骨格とは標準仕様のアルミ骨格に比べて可動域が大きく向上しており、標準の骨格ではさせることができない体制(正座などの関節を大きく曲げなければいけない体制)を実現可能となる新規格の骨格です。
標準仕様です。指が動かせるのって結構重要じゃないですか?最近はほとんどのメーカーで標準仕様となっていますが一部の代理店などは15000円~程度の上乗せを行っている所もあります。
ラブドールにおいても目というのは大切な部分です。ヘッド#85モデルは眼球を自由に動かせる視線稼働機能も標準仕様です。
同じく視線稼働機能もほとんどのメーカーで標準仕様となっていますが一部の代理店などは15000円~程度の上乗せを行っている所もあります。
ウィッグが無料でついてきます。10パターンの髪型から選択可能です。髪型ひとつで大きく雰囲気を変えることができるのがWM DOLLのラブドールの魅力でもあるので嬉しいですね。
個人的にはよりリアルな人毛ウィッグなどを専門店で後日追加するとよりリアルに華やかになりおススメです。
バストトップのカラーやサイズなどを自分の好みに変更することが可能です。どのパターンを選んでも追加の料金は発生しません。
ラブドールの肌の色についてもWM DOLLのラブドールでは4種類のうちから選択することが可能です。
個人的には健康的な印象を与えるナチュラルがおススメです。白は少し白すぎるかなーっと言った印象です。普通の色にしておけば後から市販のファンデーション化粧品で明るくも暗くも対応できます。
WM DOLLのラブドールは瞳の色も10種類のうちから選ぶことができます。
個人的には一番親近感を感じることが出来るブラウンが好みです。コスプレや写真撮影などでブルーやグリーンの方が映える!と感じている方でも普段使いではブラウンがよいという方も多いです。
ちなみにドールの瞳は単品でも購入でき、あとからでも自分で簡単に取り換えることができるので直感で決めてしまっても大丈夫でしょう。
WM DOLLのラブドールはネイル加工も無料で行っています。手先ネイルは2種類、つま先ネイルは10種類の中から選択することが可能です。
ネイルも単色であれば自分でも簡単に変更することができるのでそこまで慎重になることはなさそうです。
写真撮影などで便利なスタンディング機能を付けることが可能です。(スタンディング機能についての詳細は公式サイトをご覧ください)
WM DOLLのラブドールに興味を持っていただけたでしょうか?
ラブドールを販売している企業は他にもたくさんありますが品質・価格がここまで利用者目線のラブドールは少ないことは間違いありません。
ここまで読んでみてWM DOLLのラブドールをもっと知りたいと感じた方向けに気になるトコロをいくつかピックアップして紹介しようと思います。
可能です。WM DOLLのラブドールは基本的には3穴装備が標準仕様でオーラルセックスが可能になっています。一部モデルについては対応していない場合もありますので詳細は公式サイトにてご確認ください。
脱着式のホールと一体型のホールを選択可能となっています。
脱着式のホールは一体式のホールに比べて洗浄なども容易なのでいつでも清潔に保つことが可能です。
また、ホールが破損してしまった場合でもホールのみの交換で済むのでラブドールと長く付き合っていく上では脱着式ホールはとても便利です。
公式代理店でも脱着式ホール単品で購入可能です。サイズが合えばその他のオナホール等も装着可能です。
見た目にこだわりたい場合は一体型、機能性を重視したい場合は脱着式を選ぶとよさそうです。
ウィッグにて髪型の変更は可能です。
とりあえずは2つウィッグがあれば気分で髪型を変更できてよいと思います。
また、通販などでいろいろな髪型のウィッグを購入して楽しむのもよいですね。想像が膨らみます。
好きなアニメのキャラクターなどのコスプレをさせて写真撮影などを行うのもとても楽しいですよ。
シャワーなどは可能ですが注意点があります。これはWM DOLLのラブドールだけでなくラブドール全般に言えることなのですが、肩から上のヘッドとボディの接続部分に水をかけてしまうと内部に水が入ってしまいトラブルの原因となってしまいます。
そこだけ注意しておくようにしましょう。ですので顔などは水洗いではなくウェットティッシュやケアクリーム等でのケアが推奨されています。
また、水洗いを極力避けたいという場合は市販のベビーパウダーなどで日々のお手入れを行ってあげることで少し面倒な水洗いなどのお手入れを必要最低限にとどめることができます。
WM DOLLのラブドールはすべてTPE素材で制作されています。TPEはシリコンに代わりラブドールの主流な素材になりつつある新素材です。
これにより従来のシリコン製ラブドールよりも人肌感に溢れ、柔らかな抱き心地を可能にしています。また、シリコンよりも伸縮性に長けているので破損率が低いのが特徴です。
専用の強化段ボール箱にて届きます。外見から中身が分かるようなことは一切ありません。
また、専用ブランケットでの梱包・緩衝材をしっかりと敷き詰めての到着するようでとても丁寧だと感じます。
WM DOLLのラブドールは視線の稼働が可能です。可動式の眼球はオプションでなく標準でついています。
やはり人間と同じようにラブドールにおいても目というのは感情を高めるためにはとても大切な部分ですよね。
WM DOLLのラブドールはメイクも可能です。この場合は人間のように肌に良い成分の含まれた高級な化粧品である必要はなく、100均のメイクセットなどで気軽にイメチェンしてあげましょう。
注意が必要なのはラブドールのメイクを落としてあげる際です。メイク落としを大量につけてしまうと素材に悪影響を与えてしまう可能性がありますので少量のメイク落としで優しくゆっくりと落としてあげましょう。
自分で本格的なメイクに挑戦されている方の動画を見つけたので載せておきます。
注意事項としては一度メイクをしてしまうと新品であっても返品対象外になるということだけ理解しておくことが必要です。
n
ドールの状態によって対応が異なりますのでトラブルが発生した場合には購入代理店のサポートチームにお問い合わせください。
おすすめしたいフェイスのラブドールは数多く存在するのですが、どうしても個人的な主観が入ってしまうということでまずは人気が高く品質にも定評のあるラブドールメーカー・ブランドを紹介します。
まずは比較的お手頃な価格帯で購入できるTPEラブドールメーカーから紹介します。シリコンドールが好き!という方は、事項のシリコンドール編まですっ飛ばしちゃってください。
TPEラブドールの魅力として低価格なのにハイクオリティ・質感のよさなど様々ですが、最大の魅力はフェイスラインナップの多さだと感じています。
自分好みのフェイスを探しやすいのは間違いなく魅力で、TPEラブドールを選択するオーナー様が多いのにもうなずけます。
TPEラブドールは値段の安い劣化版が多く出回っています。それらは経年劣化が著しく早かったり裂けやすいなど素材面での心配などが多くなる傾向にあります。
安ければ何でもいい!と言う方もおられるのは承知ですが、なぜかコピー品の方が高額で販売されている例もいくつも見ました。
個人的には少々値段が上がっても正規の代理販売ライセンスをサイトに表示している所を選ぶなど、正規ブランドのメーカー品を購入したい派です。
WM DOLLは大手の人気ラブドールメーカー。フェイスのラインナップの豊富さはさすがで、完成度もとても高い根強い人気のあるドールメーカーです。
TPEラブドールの黎明期から続くラブドールメーカーでもあり、後に続くメーカーにも多大なる影響を与えたと言われているラブドールブランド。
日本向けのフェイスラインナップも多く、個人的にも好きなラブドールブランドです。
最近は特に日本での需要が大きくなりつつあるラブドールメーカーです。
特徴としては少しデフォルメされた特徴のあるフェイスでしょうか。リアルさは残しつつも可愛らしい顔つきのフェイスが多くラインナップされている印象ですので他のドールメーカーには無い魅力があります。
WMなどと比べると取り扱っている正規の代理店が比較的少ない印象ですが、品質においては心配無用のクオリティと思って間違いありません。
Doll4everは上記で紹介したDollhouse168から独立・派生したラブドールブランドです。
Dollhouse168の特徴である少しデフォルメされたフェイスをベースに、Dollhouse168のドールがもし大人になったら…など、もしもの世界観を作りだすなどDollhouse168とは深い縁があるラブドールブランドがDoll4everです。
Dollhouse168のラブドールが好きな方には間違いなく受け入れられるラブドールブランドですね。
また、Doll4everブランドを展開するドールフォーエバー社はその他にも、よりリアルさを追求した高級路線のTPEブランドPIPER DOLLなども展開しています。
n
Dollhouse168ブランドを展開する企業がTPEラブドールの最高品質を追求するため差別化されたハイクオリティブランドがPIPER DOLL。
はじめて見た時は思わず目を惹かれてしまうドールだと感じ個人的にも注目していきたいラブドールブランドです。ラインナップ自体は控えめですが少数先鋭のラブドールを生産していると言った印象です。
その他のTPEラブドールブランドに比べると少し高級ではありますがその分、品質の高さがとても評価されていて人気が急上昇中のラブドールメーカーでもあります。
日本よりも海外での認知度が高いラブドールメーカーです。WMDOLLと製造メーカーが同じということで、姉妹ブランドとなっています。
日本ではあまり所有者がいませんが、海外ではかなり人気で所有者も多いラブドールブランドとなっています。
日本のユーザーが少ないということもあり、アジア系フェイスのモデルは少ないですがそれ以外のラインナップはとても豊富です。
中でもエルフ風のモデルや魔女風のモデルなど他には無い特徴的なフェイスや、規格外の巨乳モデルなどが数多く存在しているのがYL DOLLの魅力と言えそうです。
独自路線の高品質なモデルを手掛けるラブドールメーカーです。可愛らしいモデルから外国人風の大人っぽい雰囲気のモデルまで幅広いラブドールを生産しているのが特徴です。
もともとは海外を主として展開されていたラブドールブランドなので日本向けのフェイスラインナップはどちらかと言えば少ないです。
しかしボディラインや質感においてはその造形美が海外でも高く評価されており、需要の大きいラブドールブランドとなっています。
ここからは番外編ということで海外で人気の高いTPEラブドールブランドを紹介します。
SM DOLLは海外需要の高いラブドールブランドでフェイスラインナップは日本風のフェイスもありますが外国人風のものがほとんどです。サイズ感も最小でも155㎝のモデルからと言うことで、規格自体が大きめに設定されているようです。
外国人風フェイスのドールを選びたい!と言う方は外国人風フェイスの再現度が高いSM DOLL選ぶと間違いないでしょう。
シリコンラブドールは現在大きく普及しているTPEラブドールより以前から製造されてきた歴史の長いラブドールです。
TPEラブドールよりも歴史が長いということで制作技術も十分に成熟しており、より質感・品質の高いラブドールが続々と登場しています。
最大の特徴はその精巧さで、上位クラスのものになると肌のシワまで精巧に作られ人間と見分けがつかないという方も存在するほどです。
SANHUI DOLLはプラチナシリコンを使用した高品質なシリコンラブドールブランド。シリコンラブドールメーカーにしてはフェイスラインナップが多く日本向けのフェイスもいろいろと選べるのが魅力。
シリコンラブドールブランドの中では比較的に低価格帯なのも嬉しい。TPEラブドールとは一味違ったプレミアム感を体感するには十分すぎるクオリティです。
2017年ごろからブランドを展開している比較的新しいメーカーです。ブランド名に人造人とあるように精巧さやリアルさを徹底的に追い求めているラブドールブランドです。
ハリウッドの特殊メイクなどの技術を学んだ技術者たちによって作り出されるドールは手のひらのシワやつま先など細部に至るまですさまじく精巧です。
トップクラスのハイクオリティということで少々値は張りますが、そんなものには代えられない造形美を実現しています。
Sino-dollは日本でも人気が高くオーナーさんも多いシリコンラブドールブランドです。
2008年頃からブランドを展開し、それなりに歴史も長く信頼感の持てるブランドで品質・再現度ともに十分すぎるクオリティです。
低価格帯のシリコンラブドールブランドのひとつでもあり、現TPEドールオーナーさんが二人目として迎える例も多いようです。
nXY DOLLはフェ

(人気: 74 ) オナホの補修は誰でも簡単に扱える「はんだごて」で決まり!

についてですね。私自身はオナホの補修作業ってやったことない(直さなくても安く手に入るもんで…?????)のですが、今も昔もオナホ補修といえば「はんだごて」一択でしょう。 はんだごて補修はオナホ素材を熱で溶かし、裂け目や穴を融着させる…という荒技なんですが、そんなに難しい作業でもないので、図工や技術の授業が好きだった方なら初めてでも大丈夫かと。 ただ…オナホの樹脂素材が溶けるときに悪臭が発生するのと、補修跡がどうしても痛々しく見えてしまうのが難点。 オナホのヘビーユーザーなら持っておいて損はありませんが、手間や仕上がりを考えると新品に買い換えた方がいいケースもありそうです。 ただの興味本位なのですが、オナホをひとつ開発するのにどれくらいの予算と時間が掛かるものなんでしょう? 個人でもメーカーに依頼できたりするんでしょうか? 自分の好みにピッタリな、完全オーダーメイドのオナホとかあったら…素敵やん? はんだごて 男子なら図工の時間に一度は使ったことがあるであろうツールが、オナホ修復に役立つとは…。高熱を発するので、取り扱いに

(人気: 47 ) 将来のセックスドールはどのようになり、今後数年間で業界はどのように変化しますか

す。人形のリアリズムの高まりは、一般の人々の態度を変えるのに役立ちます。人形がより現実的になるにつれて、人形の交際とAI機能がより明確になり、一般の人々の認識が変わります。確かに、等身大ドールはうつ病を助けることが示され、それらの感情的な利点はより広く理解されるでしょう。',
,
, 'マニアラブドール',
,
, '過去10年間で、映画、ドキュメンタリー、テレビ番組を通じてドールのメディア報道が大幅に増加し、ダッチワイフに対する一般の認識が高まるにつれて、私たちはますます定期的なメディア報道を目にするようになります。市場における最近の革新は、カスタマイズ可能な人形を作成する機能であり、技術が向上し続けるにつれて、利用可能なカスタマイズのレベルは増加するだけです。人形は細部まで好みに合わせてカスタマイズされるので、夢のラブドールを完璧に再現できます。これにより、より幅広いドールが人口に届くようになり、ロリドール所有者のオンラインコミュニティが成長し続ける可能性があります。',
,
, , 'セックスドール業界が広く受け入れられることで、ドールが性的ファンタジーを探求する ラブドール 臭い 全な方法と広く見なされ、障害を持つ人々が