Categoriesガイド セクシャルテクニック その他 全てのブログ 大人のおもちゃ用語辞典 情報 感じ

ラブドールとは

1. 色っぽい大人のおもちゃ

私が初めてラブドールという言葉を知ったのは、16歳の時でした。 当時、YouTubeを見ていたら、ぱぺっとぴんくというふとピンクの髪の男性が何かを紹介しているのが目に入り、クリックしてみると、その男性が紹介しているのは等身大の人形であることに気づきました。

天使のような美しい顔、小柄な体、繊細なメイク、素敵な衣装。その時初めてラブドールを見たのです。 この愛らしさに魅了され、当時の私の頭の中の言葉は、ラブドールを買わなければという一点だけだった。

HYDOLL.JPというラブドールを販売しているサイトを見つけたときは、とても興奮しました。きれいでかわいいロりドールの写真がたくさんありました。 でも、その値段を見て、「働いてお金を貯めなきゃ」と決心したんです。 それで、2ヶ月間働いて、ようやく欲しかった人形を買ったんです。

ついに、初めてのラブドールが届き、大感激。 しかし、配慮が足りなかったのは両親と妹で、何を買ったのか聞かれて頭が真っ白になりました。 なんというか、なんなんでしょうね。 最終的に、この大きな箱を説明できるものとして、PCデバイスというものを思いつきました。 幸いなことに、それ以上何も聞かれなかった。

この大きな箱の中身は外からは見えないので、両親はそれ以上質問せず、結局、私がアルバイトで稼いだお金で買ったのですが、妹はこんな大きな箱の中身がどうなっているのか、興味津々でした。 私は緊張していたので、「あっちへ行ってください」と言いました。 部屋でこの大きな箱を開けると、HYDOLL.JPダッチワイフを保護するためか、中に発泡材がたくさん入っていました。 私のタイプである、とてもきれいな顔のヘッドを見ました。 ラップに包まれていて安心でした。 そして、中に入っていた説明書に従って、ラブドールの頭をはめ込み、ウィッグを装着しました。 目の前に現れたのは、100cmの全裸の美女。 私は興奮して、妹がドアをノックする音が聞こえなかった・・・・・・・。

2.孤独を解消するラブドール

その後のことは、考えなくていいんです。 私が裸美少女ラブドールを買ったことが姉にバレた。 そして、親に言いに走った。 私があまり怒らない年頃であることを知っているようでしたが、その表情は私に失望しているような感じでしたね。 父に「彼女作ってもいいから、もう少しお小遣いをあげるよ」と言われました。母は少しがっかりしていました。「そんな顔をしていると、もう何を考えているのかわからないよ。

犯人である姉に言われた言葉:気持ち悪い。

内向的な性格になり、人と接するのが嫌になり始めたのです。 親も私のことを問題児だと思っていた。 そんな日々の中で、ラブドール 高級だけが私の心に寄り添ってくれました。 幸い、学校の友達にはバレなかったのですが、趣味が違うのであまりコミュニケーションは取れませんでした。 だから、同級生から見ると、私はちょっと変わった道楽者だったようです。

それで大学に進学し、自分でアパートを借りるようになったんです。 大学生活を体験してみようと思い始めたのです。 同じ趣味の人がいたのですが、その人は明るくてニコニコしている人でした。 その理由を尋ねると、趣味は趣味、人生は人生、セクシーな巨乳ラブドールは好きだけど、人生に影響はない、とのこと。 私は、彼のこの発言に影響を受けました。 私はラブドールと一緒に、普通の会話やコミュニケーションをとる練習を始めました。 彼女は、そもそも私に違いをもたらしてくれたのです。 恋人ができ、身なりを整え、大学生活を楽しむようになりました。

3.ラブドールが趣味

そうですね、ラブドールはあくまで趣味なので、生活に影響はないです。 ラブドールは大人のおもちゃとか気にする人もいるかもしれないけど、私は気にしない。 なぜなら、私は彼らが思っているような人間ではないことを知っているからです。 そして、それで十分なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。