Categories全てのブログ その他 情報 感じ 風俗

スナ・フレイは経験豊富なエロティックショップ店員です

ラブドール 空気

スナ:いろんなエロいおもちゃがあるんですよ。 砂:いろんなエロいおもちゃがあるんですよ。 大人のおもちゃのほとんどは、現在、TPEではなく医療グレードのシリコンで作られています(ゼリーのように柔らかく、より安価です)。 しかし、20年以上もベストセラーを続けているシミュレーション玩具「パウルチェン」のように、見た目も素材もずっと同じで、かつては電池式だったのが充電式になっただけの名作もあるのです。 また、男性用のエロチックなおもちゃには、さまざまな種類とスタイルがあります。
記者:おもちゃは全部自分たちで使いましたか? 例えば、家でご主人と一緒に?
スナ:正直なところ、全部が全部、使われているわけではありません。 ただ、エロい玩具はたくさん持っていて、よく使っています。
記者:近年、携帯電話のアプリと連携できるスマートトイに人気が集まっているようです。
スナ:このスマートエロトイは、恋人にリモコンを渡すように遠隔操作できるのですが、実はこれ、リモコンを持っている人しか面白くないんですよね?
スナ:以前、男性のお客様に、同じような機能を持つ男性用ペニスカラーを紹介したことがあります。カラーを装着して食事中、彼女が遠隔操作でカラーを振動させることができるのですが、男性のお客様はすぐに「受け付けない」とおっしゃっていました。
記者:性的なエロスに関しては、現在も家父長制なのでしょうか?
スナ:現在、女性は以前よりずっと平等で自立した感覚を持つようになりました。 女性は自分が何を望んでいるのか、何を望むことができるのかを知っています。 しかし、ジェンダーという観点から、無意識に男性を喜ばせようとする女性がまだまだ多いことを認めざるを得ません。
記者:自分が何を買いたいのか、男性と女性、どちらがよく分かっているのでしょうか。
スナ:比較的、男性のお客さまは単刀直入におっしゃいますね。 彼らはよく、携帯電話の写真を指差して、”これ買いたい “と言うでしょう。 通常、彼らはすでにネット上でそのおもちゃが何をするものか知っており、あなたが紹介する必要はないのです。
スナ:当店には、よくご夫婦でご来店いただいています。 昨日もカップルがいて、紳士がウェアラブルのシミュレーションペニスを選んで試着してくれと言った。 そして、その女性は「夫のペニスのサイズが大きすぎて、私には無理です」と言いました。 彼はとても思いやりがあり、私にもあらゆる性体験を快適に楽しんでもらいたいと考えているので、このウェアラブルトイを1つ購入したいのです。”
スナ:私は女性に「これはかなりあなたに合っていますよ」と言いました。 また、逆にも使えるので、あなたが着て、ご主人に「アフター…」を体験してもらいましょう。” それを聞いた紳士は、すぐに私の話を遮り、目を見開いて “いやいや、それは絶対にダメです… “と言ったのです。
記者:お客さまに「これとこれを買いなさい」と勧めるのですか? 例えば、新機種が入荷したばかりの場合
スナ:お客さまが必要としているかどうかによりますね。 以前、美しい独身女性がいて、定期的に最新のおもちゃを勧めてほしいと言われたことがあります。 昨年12月、発売されたばかりの吸引・振動両用マッサージャーをお勧めしました。 数週間後、彼女は再び私たちの店にやってきました:「こんにちは。 お付き合いしている、とてもハンサムな男性。 でも、彼は私がセックスに関して女性らしくなく、ちょっと場当たり的だと言っています。 勧めていただいたマッサージ器が、私にとっては楽しくて、なんだか彼を置いてけぼりにしてしまったため、彼は少し怒ってマッサージ器を取り上げてしまいました。 もう一台買うつもりです。”
レポーター:あなたのお店と同じビルに、大きなエンターテイメントクラブがあります。
スナ:そうですね、クラブハウスのおかげで、エロティックなランジェリーやマッサージオイル、潤滑剤を買ってくれるお客さんが多いので、感謝しないといけませんね。 また、クラブハウスに行く前に、下着を買って着替える男性もいます。おそらく、下着に痕跡が残って、敏感な奥さんに見つかるのを恐れているのでしょう。
記者:性風俗店にお金を使いに来る男性がこんなに多いとは思いませんでした。
スナ:実は、男性はとてもオープンなんです。 それは、「長く続くが独占できない」という生まれながらの「男性」の本能と、「女性」の本能が関係しているのかもしれません。 “献身的だが長続きしない”。
記者:カップルで来店された場合、夫婦なのか不倫なのか見分けられるのでしょうか?
スナ:実は、なかなか難しいんです。 たぶん、不倫だったら、男性はとても寛大で、値段を見ずに、躊躇なくお金を払うと思います。
記者:本当にお綺麗ですね!気になるのですが、長年エロいお店で働かれていて、ひどい嫌がらせを受けたことはありますか?
スナ:お褒めいただきありがとうございます。 幸いなことに、嫌がらせを受けたことはありませんが、一緒にコーヒーを飲んだり、食事をしたりと誘われることはあります。 とお断りしました。

熟 コス

記者:社内のスタッフには、製品の割引があるのですか?
スナ:そうですね、必須です。
記者:よく買われるのですか?
スー・ナ:私はエロティックなランジェリーをよく買いますが、実は部屋着のようなスタイルもあるんです。 エロゲーも買った。 やはり、自分で使ってみたからこそ、自信を持ってお客様にお勧めすることができるのです。
記者:例えばピザハットの社員はピザが好きではないなど、その業界の商品に興味がない人が多いんです。 エログッズの業界ではそうなるのでしょうか?
スナ:実は大丈夫です、私たちは幅広い商品を扱っていますし、常に新鮮なものを考えています。
記者:愛と演奏は別物だと思いますか? あるいは、夫婦は頻繁に男女の親密な関係になるわけではないが、深く愛し合っているということでしょうか。
スナ:私はこの問題の権威ではありませんが、可能性はあると思います。
記者:エロ玩具は夫婦仲を良くする、あるいは救うという人もいますよね?
スナ:救われるとは思いませんが、結婚生活をより生き生きとしたものにすることはできます。