Categoriesその他 情報 感じ 風俗

プリンセス・シシーは、性具を使って古いおとぎ話をくつがえす

D23003 06A-Cup 可愛い妹アニメ先生 エロ 漫画 ラブドール

15歳のシシー姫は朝目覚めると、ベッドでくつろぎながら、愛する王子様に会うという性的なファンタジーに没頭していた。
その部屋に入った姉のヘレンは、妹の隠された秘密を知ってしまう。 オーストリアの女帝になる前、若き日のシシィは、多くの少年少女と同じように、自然の中で走ったりさまよったり、馬に乗って旅をしたり、姉妹で笑ったり遊んだり、好奇心を持って自分の体を探求し、若々しい欲望について学んだりしていました。
17歳でオーストリア皇后となったシシィ王女は夫婦の務めを学び、10代の頃に姉から性について啓蒙されていた新婚の王妃にとって、セックスは一大イベントとなったのです。
彼女は解放的でオープンマインドで、実験を敢行した。 彼女は自分の面目を捨て、静かに淫乱の場に足を運び、夫の寵愛する娼婦ファニーから、女たらしの皇帝である夫のエロチックな性癖を聞き出したのである。

image 28プリンセス・シシーは、性具を使って古いおとぎ話をくつがえす

シシィ王女は、後にファニーを貴族として宮廷に招き、伯爵の待遇を享受した。 ファニーの荷物の中に入っていた木製の「性具」は、世間から多くの批判を浴びた。
この論争を前に、新版『シシィ姫』の脚本家兼プロデューサーであるアンドレアス・グッツァイト氏は、「誰がこのプロットが歴史的に正確ではないと言ったのか」と言い返した。 少女シシィが自慰行為をして喘ぎ、自分の身体を探求するというプロットを通じて、自己決定が可能なシシィ姫、宮廷という帝国の独裁の中で自らの運命をコントロールするシシィ姫を作りたかったのです。 彼女は勇敢な女性だが、少し自信過剰なところがある。 王妃となったシシィ姫は、希望に満ち、幸せで楽観的で、現実が想像以上に厳しすぎることに気付くのに時間はかからず、徐々に結婚生活に幻滅していきます。”
新バージョンの『Princess Sissy』は、ドイツとフランスでの公開後、ヨーロッパのプレスに広く紹介され、高い評価を受けています。 1950年代の「シシー姫」3部作の枠組み構成を一新し、悲劇の女王の物語を現代の眼と美意識で斬新に表現しているのです。
また、男性の支配に従属しないようになった現代女性のフェミニズム的な思想の展開も描かれている。 むしろ、自分の欲望を実現するための自律性と平等な権利を持つことができるのです。