Categoriesガイド

ダッチワイフ撮影のコツ2

まず、撮影現場  家での撮影が多くなるので、家の中はきれいに整理整頓しています。 車を持っている友人は、ホテルの撮影テーマ、特にホテルのアニメテーマに合わせてダッチワイフを引っ張るために、トロリーケースを使用することもで […]

Categoriesガイド

ラブドール撮影のコツ その1

自分のラブドールを持っている方が増えています。 しかし、初めてのラブドールの撮影方法がわからない場合はどうすればいいのでしょうか? なぜ他の人はあんなにきれいに撮れるのか? ここでは、ちょっとした経験をお伝えします。A、 […]

Categoriesガイド

ラブドールのクリーニングガイド

ラブドールのボディクリーニングガイドA、洗浄方法の普通のモデル:40℃の水に適した普通の非知的なラブドールのお風呂、シャワージェル、石鹸、洗濯用洗剤、洗剤はきれいにすることができます。クリーニングの注意事項:首の口は、水 […]

Categoriesガイド

エロ ラブドールの服の着せ方

鋭利な部分がある衣類やアクセサリーは着用しないでください。 ピアスなどのアクセサリーを着用する際、細いワイヤーや針でシリコンに穴を開けることがありますが、ナイフや鋭利なもので切らないでください。また、破損の原因となります […]

Categoriesガイド スタイル セクシャルテクニック 全てのブログ

禁断の味:幼さ、無邪気さ、そして “奇妙さ”

日本で販売されている人形は思春期のように見えるだけでなく、その所有者は「my girl」(「若い処女」の同義語)と呼んでいる。これは、子供の複製の無防備な側面を強調するかのようである。彼らは喜んで自らを「変態」(ヘンタイ […]

Categoriesスタイル セクシャルテクニック その他 全てのブログ

象徴的な人形の所有者にとって、子供時代は無謀さやそれに匹敵する

オリエント工業が日本市場で初めて販売した思春期の人形は、「アリス」と「マユ」という名前で、個人の移行期にちなんだものでした。児玉氏によると、「大人の世界の現実から身を守る眠り姫のように、眠っている少女を買うという発想を楽 […]

Categoriesセクシャルテクニック その他 ニュース 全てのブログ

ヲタクにとっての「非現実」商品:不完全な鏡としての子供時代

「ロリータ・コンプレックス」と呼ばれる未成年者の表現への憧れは、日本では「おたく」の出現と重なる。おたく」という言葉は、1983年に漫画部記者の中森明夫の著書に登場し、現実の女性と対面できずに空想の世界に閉じこもっている […]